ツーリズム

奥能登 梅ツーリズム Report

直前まで台風8号が心配されたお天気でしたが、
7月12日〜13日の1泊2日、予定どおり今年も無事に実施できました。
今年は6歳の「こどもたち」も参加です。

初日

能登空港から輪島に移動し朝市へ。
地元で採れた農海産物の露天や漆工芸品などを見学。

昼食は地元で採れた魚に舌鼓。
お目当ては今では高級魚ののどぐろや新鮮なお魚です。

そして輪島の酒藏「白藤酒造店」さんを訪問。
ご自慢のお酒をテイスティングさせて頂きました。
ありがとうございました。


さて、輪島から宿のある珠洲に向いながら能登半島をぐるりとドライブ。


塩の駅見学

輪島特有の製塩法「揚げ浜式製塩」の実演を見せて頂きました。
とてもシンプルな製塩方法ですが体力を要する大変な仕事。
こどもたちはガイドの方から塩の作り方を教わることが出来ました。
こちらの塩を生かした様々な食べものや商品もあり。
こういうときの試食は楽しいものです。
お世話になりました。

宿泊は珠洲にある湯宿「さか本」さんです。
国道から入る細道を奥まると林のなかに佇む宿はまるで別世界です。



ピカピカに磨かれた漆黒の廊下の美しさ。
外の暑さを忘れるような静寂と美しさが迎えてくださいました。


お食事は地元の食材を生かした手づくり逸品の数々。
その滋味なる極上の豊かさ。
器、お料理が出てくるタイミングが丁寧なお料理のひとつひとつに現れていて、
これこそが豊かな食事のおもてなし。

印象的であったのは、最後にお出しくださった「焼おにぎり」。
いしるは、おむすびまるさんかくでは玄米の焼きおむすびに使用していました。

こちらはさか本さん特製の「いしる」の味付け。
「いしる」は能登ではよく知られている郷土の調味料のひとつです。
鍋物や煮物などの調味料としてが主な使い方ですが、
まさに郷土のおむすび。あたたかな逸品でした。

全てのサービスに至り、さり気ないこのおもてなしの奥にある御心配りに、
奥ゆかしいさか本さんのスペシャルを感じました。
さか本さん、ありがとうございました。


2日目
梅の収穫

あいにくこの日は小雨模様。
いつもなら収穫体験を存分に楽しんで頂き、周囲をゆっくりと散策するところでしたが、
「初梅もぎ」を楽しみに参加くださったみなさまが自分で梅仕事する分を収穫してもらいました。

この地域では梅の収穫は7月上旬頃からとなります。
この時期、ほぼ完熟している梅は自然と樹から落ちてきます。
その梅をこどもたちは拾い、選定しながら袋に詰めます。
それぞれに持ち帰った梅は、シロップや醤油漬け、ジェムなど思い思いに手づくりしたようです。
美味しい梅仕事でありましたように。



参加者のみなさま、
能登でお世話になりましたみなさま、
楽しい旅をご一緒くださりありがとうございました。

鳥海山麓の宿 しらい自然館

初夏の庄内ツーリズム Report


今回宿泊をした「しらい自然館」のある白井地区は海抜150Mにある集落。
かつて小学校だった校舎を改築し現在は宿泊施設を備え、
自然観察の勉強会をはじめ、地域の自然とのコミュニティの場として活用されています。
敷地にはかつての名残のグランドや体育館が隣接し、どこか懐かしく心地よい佇まいです。
また今回湧水ハイキングに訪れた場所からも近く、
二の滝を更に登る高瀬峡や山頂までの登山を楽しむ方々が訪れています。

ひんやりとした朝の空気、
お天気がよかった今回は日本海に沈む夕日を望むことができ、
夜は周囲の田んぼから聴こえる蛙や虫の声、風の音だけ。
この環境ならではの最上のもてなしと一緒に、
この土地を愛するスタッフの方々が迎えてくださいました。 続きを読む

伏流水が育むもの

初夏の庄内ツーリズム Report


鳥海山ではこの季節になると、いたるところで豊富な湧水をみることができます。
その伏流水が育む初夏の海の幸のひとつが岩牡蠣。
山の地中を長い時間をかけてろ過された雪解け水や雨水は、
多くのミネラルを含んで日本海へと湧き出します。
そこでは豊富なプランクトンが育ち海の生き物にとっての住みやすい環境が守られています。
また夏でも水温が一定に保たれることで、質のよい岩牡蠣が育ちます。
続きを読む

食べる人の感性を刺激し、引出す料理人

初夏の庄内ツーリズム Report


初日に訪れたランチは鶴岡の地場イタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」
ここで奥田シェフのオリジナルランチをいただきながら、
地球と植物と人間との関係、地元の食材についてなどのお話を伺い、
参加者からの質問にひとつひとつお応えいただきながらのフルコースでした。
続きを読む

湧水ハイキング

初夏の庄内ツーリズム Report


人は自然の懐に入ると、からだもこころも緩んでしまう。
そんなスイッチを自動的に入れてくれるのが自然。
ここ北庄内の作物を育む母なる水源が鳥海山の伏流水。
その湧水のスポットを散策しながら2時間ほど楽しみました。
今回はお天気に恵まれ、
最も美しい新緑の季節に、手足を伸ばし、深呼吸し、水に触れ味わう・・
鳥海山に感謝。
続きを読む