coArt view

無花果のコンポート

2014年10月13日(月) by omusubi-garden


よい食材に出逢えることは何よりの喜びです。


毎年この季節につくる「無花果のコンポート」もそのひとつ。
石川県の無花果農家から届く無農薬のイチジク。
生でも充分に美味しいのですが、コンポートにしても格別の逸品。


おむすびまるさんかくでは、無農薬・無肥料の梅をシロップを使ったオリジナルコンポート。
完熟したイチジクを丸ごと梅のシロップだけで贅沢に煮込みました。
梅の酸味を隠し味に、イチジクの美味しさを生かした甘過ぎない風味はお酒にも合います。

お試しサイズも今年から登場です。

菊の節句

2014年10月13日(月) by omusubi-garden



重陽 (ちょうよう)の節句は旧暦の9月9日。
今年は10月2日がその日にあたりました。
この頃より菊の花が咲くことで「菊の節句」と呼ばれています。


野に咲く小菊から、あでやかな菊まで様々に表情を持った菊の花。
主に観賞用として親しまれていますが、菊は日本では馴染み深い花です。


重陽の節句は平安時代より、
邪気を払い長寿を願い、花を飾り、菊の花びらを浮かべた菊花酒で祝いました。
目で愛で、食して邪気を払い長寿を願ったのでしょう。
» 続きを読む «

ソバカスなんて気にしない

2010年6月24日(木) by omusubi-garden


梅干し用の梅が届きました。
樹で熟した栄養と旨味が凝縮した青梅です。
よく見ると所々に黒いシミがご覧になれますか ?

これ「煤 (スス)」といって、雨に当たった部分にできた「シミ」なんです。
私たちの場合は日光に当たってシミが出来ますが、
梅の場合は特に熟成されてからの雨は、このような状態になることがあります。
果肉が柔らかく、皮が薄いため、どうしてもシミができてしまうんですね。
要するにデリケートなんです、ね !

梅は漬けるタイミングに合わせて、
樹で熟成させ最もよいコンディションのものを届けてもらいます。
そのお陰で梅本来の美味しさや栄養が凝縮された、皮も柔らかくジューシーな梅干しに仕上がります。
もちろん、梅本来の味や品質には全く変わりないのです。

ではさっそく仕込みに ・・・

組合わせのバランス

2010年6月20日(日) by omusubi-garden

こんなニュースがありました。
白米ごはんを食べ過ぎると糖尿病にかかりやすい !?

玄米は白米に比較して*低GI (摂取後の血糖値の上昇が遅い食品)である。
同じ炭水化物ならば、よりGIが小さい玄米を食べた方が太りにくいともいえるのかもしれない・・。
しかし遺伝的な体質や食習慣によっても異なるのでしょう。

この記事によると・・・
高血糖を予防するためには白米でも、調理法や食べ方によって低GIにすることができるそうなのです。

そのひとつが、乳製品。
乳製品には、食べ物を分解する酵素を疎外する働きがあるとされています。
そのため糖分に分解するのが遅れるので、それを吸収しにくくなるとのこと。

乳製品・・といっても、ヨーグルトやチーズだけではないはず。

動物の乳を使用しない日本の発酵食品。
典型的な日本食のごはんとおかずの組合わせにある味噌、納豆、ぬか漬けなど、
また酢飯や酢の物などの「ごはんとおかずの食べ方」は、
素材の調理方法も含めまさに「バランス」がとれているように思うのですがどうなのでしょうね。

現在日本では、低GIの調理法や食べ方を続けると糖尿病のリスクが低くなるという研究がまだないそうです。
この研究がもっと進むといいなぁ…楽しみ。

水ぬるむ

2010年5月23日(日) by omusubi-garden


庄内平野は水の張られた田んぼの風景となりました。
少し山に登った棚田は、今が田植えのピークです。